看護師辞めたい、そんな毎日

介護福祉士の求人情報をお探しなら転職エージェントの『カイゴジョブ』を使ってみて下さい。

イチオシの転職エージェント!





20代の頃、私はOLをしながら音楽の勉強をしていました。そして、周りの現実的な人たちに、「アリとキリギリス」のキリギリスのように地に足の着かない人だと思われていました。

けれども、母は保育士、従姉妹は看護師で、私も社会に貢献したいという気持ちは大きかったのです。

それで、働きながらヘルパー2級の資格を取り、OLをやめて介護の道に進みました。

訪問介護を始めて10年以上になります。

毎日のように「ありがとう」と言われ、「よかった、来てくれた!」と待ち遠しく思っていてくださる方もいて、自分が社会の役に立っていることを実感します。

拒否などの困難事例でどうすれば受け入れてもらえるか考えるのも、とてもやりがいを感じます。

訪問介護は相手に合わせて時間や予定を調整するため、仕事が変則的になることが多く、また給料もあまり多くありません。

仕事を続けられるかどうかは、いかに自分が仕事にやりがいを感じているかによります。

人間関係は、ケアマネや看護師などとの多職種連携が重要なのですが、友好的な人もいれば怒りっぼい人もいて、どんな人にも対応できるコミュニケーション力が必要だと感じます。

前述のように、あまり稼げない業界ではありますが、社会の役に立っているという誇りを持つことができます。

ですので、転職するとしたら、同業種で給料の良いところへ行くか、ステップアップしてケアマネ等になるかというところでしょう。



イチオシの転職エージェント!

私が介護福祉士の仕事を選んだきっかけは

介護職を選んだきっかけは、家族や友人に介護職で働いている人がいたからです。

仕事のやりがいは人生の大先輩である介護施設の利用者の方々から過去の歴史ある様々な話を聞くことが出来き、自分自身も介護職の仕事を通じて様々なことを学べる点がやりがいです。

労働環境についての善し悪しは施設によって違うので自分が働いている施設の労働環境は分かりません。

人間関係は相当厳しいです。

それの理由は介護職は職員との人間関係も大切ですが、1番大切なのは施設を利用してくださる、利用者様との人間関係が大切です。

なので一般の企業とは少し違い、職員と利用者様との人間関係があるので上手くいかないことが多いという理由で人間関係は厳しいです。

最後に転職はしたくないです。理由は利用者様には厳しい言葉をかけらることもありますが、時には優しい言葉をかけていただくこともあります。

利用者様1人1人の言葉に元気を貰えることもあり、現在この仕事にやりがいを感じているからです。



私が以前介護福祉士の仕事をしていたグループホームについて

介護の仕事は汚い仕事というイメージがありましたが、私が勤めていたグループホームでは、スタッフも利用者さんもみんな家族のような関係だったと思います。

なので利用者さんの介助をしている時も汚いと感じたことはなく、自分のおじいちゃん、おばあちゃんと一緒に暮らしていてらような感覚でした。

ただ、認知症の方ばかりだったので不穏になると対応に困ることもあったり、夜寝てくれないこともあって精神的にも辛いことが多かったです。

また看取りも経験させてもらったのですが、夜勤の時は今まで以上に気が張り、少しの変化も見逃さないようにとプレッシャーもあり正直怖かったです。

そして一緒に生活をしていた利用者さんが衰退していく姿を見るのはとても辛い仕事だと思います。

日々のちょっとした変化を利用者さんのご家族に報告する機会も多く、利用者さんだけでなく利用者さんのご家族とも関わりが多くいろんな方と関わっていくとてもやりがいのある仕事だと思います。



イチオシの転職エージェント!

介護福祉士の仕事のやりがい

介護の仕事のやりがいは目の前で感謝をされることが多いところです。

体が不自由だったり、自分の将来に不安があったりする高齢者の方にとって少しでもお役に立てていることをその場ですぐに実感できます。

また、家族の方からも、なかなか家では介護できない中で、私たちがお世話をさせていただくことに感謝してくださることが多いです。

もちろん大変なことも多いです。

でも、自分たちが行った行為に対して、全力の気持ちを込めて感謝をしてもらえる仕事はなかなかないのではないかと思います。

本当にその人のことを考えて接することで相手に気持ちがしっかりと伝わった時の感動はなかなか忘れられず、今でもそれをやりがいにして辛いことがあっても頑張れているのかなと思います。



あまり良いとは言えない介護福祉士の労働環境

介護の仕事の労働環境はやはり良いとは言えません。

私は医療法人で仕事をしているのですが、給与アップや人事制度などが他企業などのようにしっかりとしていません。

頑張って結果を残したとしても、特別評価をされることもないですし、手当などもそれほど多くありません。

介護報酬という制度の中で、ある程度収益の限界が決まっているので、余程会社として色々な施設を作らない限りは現状のままなのかなと思います。

その分、年齢が上になるほど色々な役割を持たされてしまうので、給与に見合った仕事の量ではなくなってきます。

新人の教育などや事務作業の増加などでサービス残業を行わなければならないことも多いです。

処遇の改善が言われていますが、介護業界自体のシステムを作っていかなければならないと思います。

イチオシの転職エージェント!


※記載しております病院・医院とリンク先とは一切関係がありません 運営者情報